読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬とつながる勇気!〜アドラー流ペットシッター〜

15年間でのべ5,000頭以上の犬のお世話をしてきたペットシッター。アドラーの考え方をベースに動物に接することで動物達と「相互信頼」「相互尊敬」を大切にしています。

人気のサプリを紹介します。その2

f:id:sitterkawaikobe:20151223083646j:plain

 

■レバスパン

肝臓や膵臓が心配な犬におすすめのサプリメントが「レバスパン」です。レバスパンは、つくば保健食品が製造している犬猫用のサプリメントです。ペットたちの内臓は人間よりもデリケートにできています。栄養が偏っていたり、ストレスがあったり、偏食をしていたりすると肝臓、膵臓に悪影響が出ます。

 

摂取した薬品や普段の食事入っている添加物などが原因で肝臓などが弱ることもあります。このサプリメントはペットのことをよく知っている獣医師たちが開発したものです。

 

配合してあるのは、牡蛎肉エキスや高麗ニンジン、Lオルニチンやスピルナや海藻です。粉状になったサプリメントなので、何かに溶かして犬に飲ませるか、粉のまま与えて犬になめさせるか、ご飯にかけても大丈夫です。このサプリメントは、栄養分を摂ることができるのはもちろん、嗜好性も高く食べやすいものとなっています。

 

肝機能の回復、肝臓の傷んだ組織の修復などに役に立ちます。実際に血液検査で肝機能の低下を指摘された犬が、このサプリメントを半年飲み続けたら、値が正常に戻ったとの口コミもあります。病気、手術後の栄養管理ができます。発育遅延が心配な犬猫への対策、産後の母犬、母猫のケアにも役に立ちます。

 

ビフィズス菌なども入っているため、下痢、緩便に悩まされている犬にも効果があります。ペットのエイジングケアをするのに最もいいサプリメントです。犬の皮膚、被毛などの衰え対策に効果を発揮して、病気予防もできます。体力維持、健康維持のためにも役に立つので、服用後はペットが元気になるのが見られると思います。

 

 

■ビガープラス

犬は体や内臓だけではなく、目も病気になります。犬の目の病気の中で最も多いのが「白内障」です。そして加齢によりそのリスクはさらに高くなります。飼い主はペットの白内障の予防について注意を払う必要があります。健康な犬でも高齢になれば発症する可能性も高くなるので、注意しなければいけません。

 

白内障・・・目のレンズ部分である水晶体が白く濁る病気。目が見えにくくなります。放置するとどんどん目が見えなくなります。

 

犬が白内障を発症する原因ははっきりとわかっていません。体の代謝異常でたんぱく質が変性してしまい起きるのではないかと言われています。白内障の治療は、点眼薬、手術です。

 

ペットが白内障にならないように予防する必要があります。効果的なのは、目のいい成分とされている「プロポリス」とか「アントシアニン」が入っているサプリメントを飲むことです。犬の目を守るのにいい人気のサプリメントには「ビガープラス」が挙げられます。

 

ビガープラスは、「プロポリス」入りです。高純度で高品質なプロポリスなので、体の免疫力をアップさせるのに大きな効果を発揮します。アントシアニンも、目の角膜の形成を助けてくれます。原料にこだわり、製造にこだわり、安心して使えるということにこだわって製造しています。粉末状なので摂取しやすいです。白内障だけではなく、緑内障、角膜炎などにもいいサプリメントです。ペットの目やにが気になる人、目の白い濁りが気になる人、白内障と診断されて病気の進行を遅らせたい人におすすめです。

 

■プロモーション

ペットの関節を守るのにいいサプリメントが「プロモーション」です。犬の軟骨は人と同じで、軟骨という関節のクッションとなっている部分が摩耗してくることで起こると言われています。軟骨は、グルコサミン、コラーゲンで構成されるものです。そこでこの成分をサプリメントで補うことにより、犬の関節を保護しようと考えたのです。獣医師がすすめる、病院でも処方しているのが「プロモーション」というサプリメントです。

 

有効成分が体に吸収されやすいように、ペプチドコラーゲン、抗酸化力の高い成分を含んでいます。小型犬用と中型犬用、大型犬用とそれぞれあります。与えるのは、ご飯に混ぜてあげるだけなので簡単です。錠剤自体にも甘い味がついているので、そのままでも食べる犬はいます。おいしい味なので、薬が苦手な犬でも食べやすいそうです。

 

ペットを飼う上で関節を保護してあげるのは、飼い主の重要な役割です。関節が痛むと思うように走れない、歩けない、立てないとペットが不自由な思いをします。足を引きずり歩いていた犬が、飲んで数週間したら、すっと普通に歩けるようになったという口コミもあります。関節炎や関節の変形などで手術をした犬が、術後にサプリメントを飲んで傷みを軽減できたとか、状態が良くなったなどの報告もあります。

 

サプリメントは獣医師にいって処方してもらうこともできますし、ペットショップ、ネット上でも買うことができます。最初にどういう成分のものを買えばいいかわからないときには、獣医師に相談をして、どういったサプリメントにするのか決めてから価格などを比較して購入先を決めるといいでしょう。