読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬とつながる勇気!〜アドラー流ペットシッター〜

15年間でのべ5,000頭以上の犬のお世話をしてきたペットシッター。アドラーの考え方をベースに動物に接することで動物達と「相互信頼」「相互尊敬」を大切にしています。

バレンタインのトラウマ〜私のペットロス体験〜

f:id:sitterkawaikobe:20170207202257j:plain

バレンタインが近づくと、

思い出すことがあります。

 

私が初めて飼ったうさぎのうささんの命日が2月15日なのです。

彼は9年間、

私に多くのことを教えてくれたうさぎさんであり、

私がペットシッターをするきっかけをくれたうさぎさんでもありました。

 

彼が亡くなった時、

私はペットロスになりました。

 

毎日、

空を見上げては涙が止まりませんでした。

 

生きていく気力もないくらいでした。

 

しかしながら、

私には他のペット達がいましたし、

お客様からのご依頼もあったため、

いつまでも落ち込んでいるわけにもいかず、

ペットロスは長期化することなく、

立ち直ることができました。

 

このペットロスの経験があるからこそ、

お客様の気持ちもよくわかります。

 

いまでも、

バレンタインが近づくと、

さみしい気持ちになります。

トラウマ・・・でしょうか。

 

アドラー心理学では、

「トラウマは存在しない」という見解をしている方もいますが、

アドラー自身がそのように言ったのかどうかはわかりません。

 

アドラーの次女のアレクサンドラ・アドラーは、

トラウマの研究者だったそうですし。

 

ペットを失うことは本当に悲しく、

辛いことです。

 

でも、いつかは来てしまう日。

 

この日を後悔しないように、

一緒に過ごすことのできる日々を、

大切に過ごすことが私達ができる最善のことなのだと思います。

 

うささんとの日々を綴ったブログです。

blogs.yahoo.co.jp

 

 「トラウマは存在しない」というような表現がでてきますが、

受け取り方はいろいろだと思います。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え